携帯電話料金の支払いを延滞していても、消費者金融の審査に通りますか?

クエスチョン携帯電話料金の支払いを延滞してます。それでも消費者金融の審査に通りますか?

アンサーどのくらいの期間、頻度で延滞しているかによります。確実に審査に通りたいなら、中小の消費者金融から選ぶと安心です。


携帯料金の場合、基本的には1か月の延滞で使用が停止、3ヶ月の延滞で強制解約になると思っておきましょう。(厳密には会社ごとに異なります)

携帯料金延滞でも中小消費者金融なら審査に通る

延滞を繰り返すと信用「0」に・・・

「携帯料金なんて、毎月の引き落とし日に間に合わなくても何とかなるだろう・・・」と気軽に考えている人が多いようです。

しかし、毎月の支払いをクレジット払いにしていたり、携帯料金に端末の分割ローンが含まれていると、そこには信販会社が介在します。クレジットの支払い滞納は3ヶ月でブラックリストに載りますが、たとえ延滞期間が短くとも、度重なる支払いの遅れは、その都度 信用情報に記録され、それだけであなたの信用は「0」になってしまいます。

「ブラックリストに載る前に払っているから大丈夫!」などと甘く考えてはいけません。結果的にブラックと同じ扱いになってしまいます。ですから、延滞を何度も繰り返していると、大手の消費者金融では審査に通らない可能性が大です。

年14.5%の延滞利息がかかる

携帯料金の延滞で要注意なのは延滞利息です。携帯料金の延滞には『年14.5%の延滞利息』というものがかかるのです。延滞し続けて利息が膨らむ前に、早めに支払っておきたいですね。

また、携帯電話会社はお互い情報を共有し合っています。ですから、1社で未払いがあると、他社でも契約できない可能性が高くなります。携帯電話のない生活など考えられない昨今、携帯料金の延滞にはくれぐれも気を付けましょう。

携帯料金を延滞している方のお借入れ


選べる!お申し込み・ご相談

中小消費者なら審査が甘い:TOP

Q&A一覧へ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ