信用情報ブラックって何だろう?

信販会社・クレジットカード会社・消費者金融などを利用すると、それぞれの会社が加盟する「信用情報機関」に信用情報が登録されます。
信用情報とは、その契約状況を詳細に記録した個人情報です。ローンを組んだとき、返済した時、返済の延滞など何だかのトラブルがあった時、その都度記録されていきます。
ですから、信用情報はクレジットカードやローンを利用する人、全てに必ず存在するものです。
ただ、その中でも何だかのトラブルのある情報(借入れ額、借入数、滞納などのトラブル、自己破産、債務整理など)が「ブラックリスト」と呼ばれています。

消費者金融で借り入れの申し込みをすると、指定の信用情報機関に信用情報を照会して申込者のこれまでの情報が調査されます。
借入総額、過去の返済状況、トラブル歴などを把握して、問題ありと判断されれば、申し込みは却下されます。
大手の消費者金融では、同じ信用情報を判断の目安としていますから、1社で審査に通らないと、他社でも通らない可能性が大きくなります。

それが中小の消費者金融でしたら、必ずしも大手と同じ信用情報を利用していません。
大手が利用している信用情報とは、実際の借入れ額や、返済状況などに違いがあるケースが多いのです。必ずしも全ての個人情報が信用情報として把握されていないのです。ですから当然、中小の消費者金融の方が間違いなく審査に通りやすい、ということになるわけです。

一般的には、規模が小さくなればなるほど審査に通りやすいと言われています。
ある程度は審査基準を下げなければ、顧客はみんな有名大手に殺到して、小規模な地域密着店などは新規の顧客の獲得ができなくなってしまうでしょう。ただ残念ながら、地域密着の小規模店は店頭での対応のみのところが多いようですね。

審査に通りやすい中小消費者金融にネットお申し込み

審査に通らない時Q&A一覧へ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ