事業者資金の借入条件は何ですか?

クエスチョン事業者資金の借入れに必要なのは?

アンサー個人事業者の方、法人の事業者資金の借入には「事業・収支・資金計画」の提出が必要です。
事業者資金計画に蒼ざめる若い経営者
上記の書類を提出し返済能力があると認められれば借入れが可能です。また、個人事業者、法人の事業者資金の借入は、総量規制の対象外となりますので 借入額の制限はありません。

借入金額を100万円以下に限定した場合、上記計画書の提出の代わりに、「事業・収支・資金繰りの状況が確認できる書面」を提出することにより借入れが可能になります。

最速即日の事業者資金調達はこちらへ

公的な事業者資金の融資機関としては、日本政策金融公庫 国民生活事業の「再挑戦支援資金」があります。

以下のようなケースに、超低金利・長期返済でのたいへん優遇された融資が受けられます。

  • 一般的な運営資金の確保
  • 資金繰りの困窮による廃業
  • 多額の負債により事業継続が困難
  • 破産・民事再生などの法的整理を受けた
  • 総量規制での借り入れが難しい個人

この融資を受けるには、「事業計画書」の提出が必要ですが、その融資通過率は20%程度度と難関です。

 

ファクタリングという資金調達法

事業者資金の借入れには、とにかく「時間がかかる・手間がかかる」というのが常識です。しかし、融資ではない方法で、しかもすぐに資金調達する方法も知られています。

それは「ファクタリング」です。

ファクタリングとは企業(事業者)と取引先の間で発生した売掛金をファクタリング会社が買い取ることで、取引先の支払いを待たずに資金調達できるというサービスです。最速で即日で資金調達ができることもあります。

他にもこの方法の優れたところは、金融機関のように企業の経営状況や借り入れ状況等で 融資が困難になることはない ということです。

また、大口の資金調達にも対応しているのが、事業者にとってはうれしいところです。


選べる!ご融資ラインナップへ

中小消費者なら審査が甘い:TOP

Q&A一覧へ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ