一度ブラックリストに載ると消えないのですか?

ブラックリストに載る期間は、5年とか10年とかよく耳にしますが、本当のところどうなのでしょう?

実は、信用情報に事故情報として登録される期間は、信用情報機関によって違います。

代表的な信用情報機関としては、(株)日本信用情報機構(JICC)、割賦販売法・貸金業法 指定信用情報機関(株)シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つがあります。

  • CIC⇒クレジットカード会社が加入
  • JICC⇒消費者金融会社、信販会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社など
  • KSC⇒銀行、信用金庫、信用組合、農協などの金融機関
各信用情報機関のブラック情報の保有期間は以下の通りです。
CIC 延滞継続中/延滞解消後は5年/自己破産7
JICC 延滞継続中/延滞解消後は1年/自己破産5
KSC 事故発生日から5年/延滞解消後は5年/自己破産10

※延滞継続中とは延滞が解消しない限り事故情報が消えないという意味

各信用情報機関は情報開示を行っていますから、ご自身の登録信用情報が気になる方は確認してみると良いでしょう。PCもしくはスマホで、CIC、JICC、KSC等と検索すればすぐに見つかります。

実際にはこの期間を過ぎたからと言って、クレジットやローンの申し込み等が、すぐにできると保証されるものではないようです。そして、残念ながらこの期間を待たずしてブラックリストを消す方法は存在しません。

また、この3つの代表的な信用情報機関は、CRIN(Credit Information Network:クリン)と呼ばれる情報交流のシステムで繋がっています。
そして、CICは加盟の貸金業者に個人信用情報の照会を求められると、JICCに対しても情報照会を求めます。この2つの信用情報機関もFINE(Financial Information Network)という情報交流システムで繋がっているのです。
信用情報機関同士が情報を共有しているということですね。

ですから、同じ信用情報をもとに審査を行っている大手の貸金業者では、1社で審査に通らないということは、他社でも審査に通らない可能性が限りなく大ということです。

返済が滞ったり、自己破産などでブラックリストに載ってしまったら、独自の信用情報をもとに審査している、中小の消費者金融に相談してみましょう。

審査に通らない時Q&A一覧へ


中小消費者なら審査が甘い:TOP

プラン利用してみました!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ