どうしても返済ができない時はどうしたらいいですか?

クエスチョンやむを得ぬ事情があって、どうしても返済ができない時はどうしたらいいですか?

アンサー返済は支払期日までに遅延なく行わなければなりません。
やむ得ない事情でどうしても返済が遅れてしまう時は、事前に担当者に電話連絡を入れましょう。


どうしても今月「返済期日に入金が間に合わない!」という時は、必ず担当者に事前連絡を入れて、事情を説明してください。

やむを得ない事情がある事、支払いの意志がある事、支払い時期がいつ頃になるか、などをちゃんと伝えておくことで、消費者金融側も1カ月、もしくは2か月であれば待ってくれることもあるようです。

黙って支払いを滞納することは避けましょう。貸し手側が最もマイナス判定を下す行為です。
今まで延滞なく支払ってきたのであれば、誠実な態度を示すことで、大きなペナルティーにはならずに済む可能性もあります。できれば、利息だけでも支払っておく方が誠意は伝わります。

嘘の言いわけは禁物です!

返済できない事情をでっちあげたりして嘘がばれてしまうと、かえって貸し手の心証を悪くします。そうなると、一括返済を求められることもありますので、必ず正直に話しましょう。

また、支払期日に間に合わない場合は「遅延損害金」が発生し、追加金を支払うことになります。
大手ですと、3ヶ月の延滞で信用情報ブラックになってしまいますので、借入時にしっかりと返済計画を立てることが大切です。


選べる!お申し込み・ご相談

おまとめローン・事業者資金サポート

中小消費者なら審査が甘い:TOP

Q&A一覧へ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ