返済の疑問とコツ

返済についてまとめています。返済期限に間に合わない時のマニュアル、返済を早く終わらせるコツなど。どうしても返済できない時や、効率的に返済したい方のご参考に!返済期限に間に合わずに焦る主婦

返済期限に間に合わない時はどうする?

どうしても返済期限に振り込めない、返済できそうにない。前もってわかっているなら、必ず融資会社の担当者に事前連絡します。

電話で連絡するのがよいでしょう。直接話をしてどうしても間に合わない事情や、いつごろ返済が可能かなどを報告しておきましょう。

融資を受けたら、期日にきっちり返済することが契約条件に入っています。返済期日に遅れるのは本当は避けたいことろです。

しかし、どうしても間に合わないなら せめて事前に融資先に連絡して、延滞して申し訳ないという気持ちを伝えましょう。

その気持ちが伝わるのと伝わらないのとでは、担当者や融資会社のその後のあなたへの対応が変わってきます。いつまでに振込むか電話する主婦

黙って延滞は信頼ゼロに!

絶対にしてはいけないのは、黙って延滞することです。

事前に申し出ておけば、「この人には支払う意思があるんだな」とわかるので、融資会社も安心するのです。常習犯でなければ、少しくらいは待ってくれるかもしれませんね。

たとえ一月くらいの延滞と思っても、常習的にやっているとブラックリストになるので気を付けましょう。常習者でなければ、普通3ヶ月延滞するとブラックリストに載ってしまいます。

とにかく、黙って延滞すると信頼はゼロになってしまいます。二度と融資してもらえないのはもちろん、返済期限についてもよりシビアな扱いになってしまいます。

返済期限に間に合わない時は、事前連絡が鉄則ですね。

返済を早く終わらせるコツは?

返済を早く終わらせるには、利息を減らすことを優先します。

利息は借入れの残高にかかっています。
毎月の返済額は、はじめは高めに設定します。そして、もしどうしてもその返済額では苦しい、無理があると感じたら、返済額を低く設定しなおします。

はじめから低い額で設定すると、返済回数が増えて残高も多くなり、支払う利息も多くなってしまいます。

リボ払い、残高スライド方式を選ぶ?

最近は融資を受けた時の返済は、リボ払いが多くなりました。リボ払い(リボルビング払い)は、毎月決まった一定の額を返済し続けいく方法です。

また、リボ払い+残高スライド方式の返済も増えています。リボ払い+残高スライド方式では、残高に応じて毎月返済金額のノルマが変動します。つまり、残高が減るほどに返済額も少なくなるのです。

返済がだんだん楽になっていくのでいいかも・・・と思ったら大間違いです。

実際にはこの返済方法だと、なかなか返済は終わらないのです。返済額は少なくなっても、長々と返済が続き、利息もずっと払い続けることになります。ずるずるといつまでも返済し続け、知らぬ間に金利をたっぷり払わされます。

繰り上げ返済のできる融資プランを選んで、ボーナス月など、余裕がある月にまとめて返済してしまうのはおすすめです。

だからといって、本当に生活が苦しいときにムリな繰り上げ返済をして、結果的にまた融資でしのぐのであれば本末転倒です。

現状の返済能力で、無理なく一番早く返済できる方法を選ぶのがいいですね。


頼れる!即日融資&独自審査

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ