中小消費者金融とは?

お金を借りる側、融資を受ける側にとって、中小消費者金融は『審査が甘い』のが一番のメリットですね。

では、中小消費者金融とは具体的にどんなところでしょうか?

中小と大手消費者金融を比較する女性

中小消費者金融の特性

中小消費者金融は大手に比べ、とうぜん知名度は劣ります。大手が銀行傘下などにある大企業であるのに比べ、中小消費者金融は会社規模も小さく、個人経営のところも多いのが実情です。

全国展開の大手に比べ、中小消費者金融は一地域だけ、一地方だけで営業しているところが多いのです。

ですから本来、中小消費者金融は「地域のサラリーマンや専業主婦などが簡単にお金を借りられる」ことをウリとしていました。以前はサラ金と呼ばれていた時期もあり、地域の人々のお金のピンチを救う指名を担ってきました。

財布と主婦とサラ金で相談サラリーマン
ところが、貸金業法の改正に伴い、多くの中小消費者金融は経営の危機を迎えました。

グレーゾーン金利撤廃の危機

サラリーマンは年収の3分の1までしか貸付けてはいけない、収入のない専業主婦への貸付けは規制が厳しくなるなどの規制に加え、もっとも中小消費者金融に打撃を与えたのは、グレー金利の撤廃です。

それまでは、中小消費者金融の多くが、グレーゾーンと呼ばれる少しだけ高めの金利で、返済リスク高めの人にも融資を行うことができていました。

グレーゾーンの説明図

それは、ずいぶん審査が甘かったということです。

グレーゾーンが撤廃されてからというものは、もっぱら大手に顧客を奪われたり、経営が難しくなって多くの中小消費者金融が貸金業界から撤退することになりました。

現在、中小消費者金融は減少の一途を辿っていますが、あなたがその名を知らないだけで、大手に比べれば、まだまだずっと多くの中小消費者金融が存在するのです。

中小消費者金融の顧客対応

中小消費者金融は、もとはと言えば地域密着性の強い店舗型の消費者金融です。もちろん、店舗での対面による顧客対応がメインでした。

現在はパソコンやスマートフォンから、インターネットによる申し込みができるようになっています。

地域性の強いサービスを、全国どこにいても受けられるのは大きなメリットです。申し込み時間さえ気を付ければ、即日振込も可能です。

もちろん、店舗での対面式の審査はできませんから、電話による審査が主です。電話の簡単な応答だけで審査が完了するのは、独自審査のおかげですね。

電話で審査完了して喜ぶ女性
また中小消費者金融は、電話審査から相談、振込までを貸付担当者自ら行っているケースがほとんどです。これによって融資を申し込む側は、安心感とスピードアップの両方が望めます。

中小消費者金融には、馴染み客が多くいました。今でも、担当者と仲良くなれば、返済期限をまってくれたり、金利を安くしてくれたり、融通がきくというのは変わりないようです。

大手の審査が通らないときには、審査が甘い中小消費者金融を上手く使いこなしたいですね。


頼れる!即日融資&独自審査

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ